福原で体験した風俗、ソープランドでの料金(サービス料と入浴料)

福原の風俗では他のエリアとは違って「デリヘル」や「ヘルス」よりも圧倒的に「ソープランド」が多いです。

福原柳町周辺には数十件のソープランドがひしめき合っています。

競争も激化しています。

関西エリアでは、福原か雄琴温泉ぐらいでしょう。

【この地域の女性はどんな女性が多い?⇒http://news.mynavi.jp/articles/2015/04/29/uwaki/

ソープランドを利用しに大阪や京都から福原に来る男性も少なくはないです。

以前は大阪や京都にもソープランドはあったのですが今は規制が厳しくなって1件もないのです。

ここではソープランドの料金についてご紹介したいと思います。

「ホテヘル」とか「デリヘル」とは異なっています。

一般的な風俗営業とは料金体系は違って2段階方式になっているので注意をしてください。

一般的に入会金などはありません。

その代わりに受付窓口で<入浴料>という名目で入店料を支払います。

指名がある場合は指名料を一緒に支払うケースもあります。

そしてお風呂があるプレイルームでソープ嬢に支払うのが<サービス料>ということになります。

この両方が合計で必要な料金になります。

ソープランドの公式ホームページや風俗専門紹介雑誌にも掲載されていると思いますが、ソープランドを利用する場合は料金が2段階になっていることを覚えておくようにしておきましょう。

福原の高級ソープランドにもなりますと公式ホームページには<入浴料>だけの記載の場合もあります。

<サービス料>については「別途お問い合わせください」となっていることが多いです。

<入浴料>だけでも数万円するところもありますので高級店を利用する場合は注意しておきましょう。

格安店の場合は総額で表示している場合もあります。